投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. GaGaMILANO ガガ ミラノ スーパーコピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


編隊指揮信号器

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年12月20日(火)00時53分5秒
返信・引用
  さてこれは何でしょう?(^^ゞ
陸軍星マークを内部で確認しています。
 

Re: 丸1月号

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年12月14日(水)23時25分37秒
返信・引用
  > No.9437[元記事へ]

> tg540さんへのお返事です。

すみません、言葉が足りませんでした。
延長軸で前を伸ばすのと、機体が大きくなるのはあまり相関性がないだろうという意味で書きました。
例えばF6Fが大きくなったのも、烈風が大きくなったのも、燃料を多く積む必要がある等の要求性能との兼ね合いというのがはっきりしていますので、胴体先端が伸びるかどうかは、機体の大きさを決める条件のなかでは、かなり下位のものだろうという意味でした。
 

Re: 丸1月号

 投稿者:えぬ氏もわるよのぉ  投稿日:2016年12月14日(水)06時02分12秒
返信・引用
  > No.9436[元記事へ]

tg540さんへのお返事です。

> 少し前に千歳空港に展示されている数十機の飛行機の模型を眺めていて同じことを思いました。

名古屋空港で模型が年代順に並べられているのを見て、古いほうから「こっからここまでが宮崎駿の世界」「ここからが松本零士の世界」「ここからは新谷かおるの世界」などと連れの友人と語ったりしましたっけ。
 

Re: 丸1月号

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年12月14日(水)00時22分32秒
返信・引用
  > No.9436[元記事へ]

tg540さんへのお返事です。

多分、それは切り口が違います。
 

Re: 丸1月号

 投稿者:tg540  投稿日:2016年12月13日(火)20時03分11秒
返信・引用
  > No.9435[元記事へ]

> 堀越氏は烈風でも延長軸を使おうとしたくらいですから。

長くなればますます機体が大きくなりそうですね。末期の恐竜みたい。
大昔にプラモを並べて零戦は大きいな(Bf109やスピットに比べて)、紫電改はもっと大きいな、F6Fと烈風はもっと大きいなと感じました。
少し前に千歳空港に展示されている数十機の飛行機の模型を眺めていて同じことを思いました。
 

Re: 丸1月号

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年12月11日(日)11時44分15秒
返信・引用
  > No.9431[元記事へ]

かなり遅いレスです。(^^;
減速室が長い栄は、堀越氏にとっては歓迎すべきことだったのではないかと思ったりしています。
堀越氏は烈風でも延長軸を使おうとしたくらいですから。
 

Re: 真珠湾の不時着機

 投稿者:えぬ氏もわるよのぉ  投稿日:2016年12月10日(土)13時32分52秒
返信・引用
  > No.9433[元記事へ]

Y2-128さんへのお返事です。

以前に、確かNHKでドラマ化されました。西田敏行がパイロットをかくまう日系人を演じました。
 

真珠湾の不時着機

 投稿者:Y2-128メール  投稿日:2016年12月10日(土)12時50分41秒
返信・引用 編集済
  昨日の西日本新聞夕刊の記事。「真珠湾攻撃隊で被弾等で空母に帰投できない場合はハワイ諸島西端のニイハウ島に不時着し潜水艦にて収容の指示。空母飛龍の西開地重徳搭乗の零戦が胴体着陸後に助けた日系二世の原田ヨシオさんと共に先住民に殺害された。」私は恥ずかしいながら知りませんでした。米軍は火を点けられたが燃え残った部分(エンジン、主翼、胴体後部)や真珠湾での墜落機残骸で相当な情報を入手できたのではと思います。  

(無題)

 投稿者:tg540  投稿日:2016年12月 1日(木)22時28分7秒
返信・引用
  兵庫県の加西市で紫電改のレプリカを作るそうです。
 

丸1月号

 投稿者:えぬ氏もわるよのぉ  投稿日:2016年11月26日(土)19時23分29秒
返信・引用
  栄エンジンの減速機の話は興味深かったです。
ケースが前に伸びた分、カウリングを流線形に出来たと。確かにA6M3以降のカウリングの曲線はセクシーで好きです(笑)。

そういえばX-133は当初、日本から持って行ったエンジンを修復して搭載する予定でしたが、陸軍仕様なので減速機ケースが小さく、あれではカウリングの形がおかしくなってしまうなと心配しましたが、幸か不幸か修復不能だったので使わず仕舞いでした。
 

飛燕

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年11月22日(火)06時33分51秒
返信・引用
  シールです  

Re: 飛燕の分解展示 2

 投稿者:tg540  投稿日:2016年11月21日(月)10時10分43秒
返信・引用
  > No.9427[元記事へ]

うろ覚えというかまた聞きというか、神戸の飛燕の塗装部分は塗装ではなくシート貼りだと聞いたような記憶があります。
 

Re: 飛燕の分解展示 2

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年11月20日(日)10時37分8秒
返信・引用
  > No.9427[元記事へ]

> 飛燕の分解展示はじまりました!

神戸は行けなかったので、行きたいです。
川崎の図録も欲しかったのですが、未入手です。
ところで、年末にキ61関連本が出る予定です。
 

飛燕の分解展示 2

 投稿者:GIオレンジ  投稿日:2016年11月20日(日)08時48分15秒
返信・引用
  飛燕の分解展示はじまりました!
塗装が全部 はがされています 

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016111990225314.html

 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:tg540  投稿日:2016年11月 5日(土)12時26分33秒
返信・引用
  > No.9425[元記事へ]

> 当時は図面のチェックをしなかったのでしょうか?

もう一つわからないのが、誰が図面を描いたのか?
技師が和紙かトレペに描いたものがそのまま原図になったのか、技師が書いた図面をトレーサーが墨入れ清書したのか?
 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:tg540  投稿日:2016年11月 4日(金)19時04分34秒
返信・引用
  > No.9407[元記事へ]

川重展で頒布されていた図録に飛燕の図面が載っています。
前にも書いたのですが、その図面類に記載されてる数字が・・・

飛燕2型改の全長は「9160」
飛燕2型改水滴風防型の全長は「9156.5」

五式戦の1051図ではスピンナー先の始動フック先端で全長「8924.5」
五式戦の1052図ではスピンナー先端(始動フック手前)で全長「8924.5」

これは誤記だと思うのですがプロペラ中心からスピンナー先端まで
五式戦の1051図では「559」(たぶん8を3と読み違えた?)
五式戦の1052図では「609」

当時は図面のチェックをしなかったのでしょうか?
 

飛燕の分解展示

 投稿者:GIオレンジ  投稿日:2016年11月 3日(木)17時42分28秒
返信・引用
  飛燕ですが、今月中頃
かがみはら航空宇宙科学博物館にて、分解展示されます

http://www.city.kakamigahara.lg.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/017/236/syuuzouko.pdf

 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:tg540  投稿日:2016年11月 3日(木)14時45分27秒
返信・引用 編集済
  > No.9422[元記事へ]

> いわゆる折り目かと

なるほど。

しかし本当にイイものを見れました。会場がバルコニー付きで上から見ることができ、エンジンの下に鏡を置くなど展示方法も丁寧でした。おそらく他の復元の数倍以上のコストが掛かっているかと想いますが、宣伝費扱いと見れば安いもの、これに続く企業が出てきてほしいものです。

たぶん再来年になれば各務ヶ原の飛燕室で再展示されるようなので、再会できる日を楽しみにしています。

 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年11月 2日(水)23時49分6秒
返信・引用
  > No.9421[元記事へ]

> タブの取り付け位置(方向舵からの出の寸法)を変えられるようになってのでしょうか?

いわゆる折り目かと(^_^;)
 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:tg540  投稿日:2016年11月 2日(水)10時10分34秒
返信・引用
  > No.9420[元記事へ]

> タブはオリジナル故ですね。

タブの取り付け位置(方向舵からの出の寸法)を変えられるようになってのでしょうか?
 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年11月 1日(火)22時30分30秒
返信・引用
  > No.9419[元記事へ]

tg540さん

タブはオリジナル故ですね。
方向舵は確認していませんが、補助翼は1707の部品番号が刻印されていました。
 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:tg540  投稿日:2016年11月 1日(火)20時47分9秒
返信・引用
  > No.9402[元記事へ]

神戸の仕事に引っ掛けてもう一度見てきました。展示は明後日3日までです。平日午後にもかかわらず入場者が多かったです。
素朴な感想です。この修復、お金が掛かっています。

ところで方向舵のタブに小穴が並んでいました。気付きませんでした。
 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年10月31日(月)22時39分50秒
返信・引用 編集済
  > No.9417[元記事へ]

佐伯さん

東文研監修「航空機の保存と修復」ですね(^^)
私のバイブルでもあります(^^)
が!部分的な残存機と保存状態の違い等により日本では当て嵌めにくいバイブルでもあると私個人は痛感しています。
正に名航4708号機など良い例で、守っていたら復元機は増えない事確実ですので・・・(^^ゞ
勿論!今回の飛燕17号機みたいな機体では全く持って適正な事例である事は確信しております(^^)
http://www.tobunken.go.jp/image-gallery/conservation/01/_SWF_Window.html

佐伯さん添付の名航で写された写真?ですが私が持っている部品が入ってしまっているような・・・(^^ゞ
 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:佐伯メール  投稿日:2016年10月31日(月)21時23分38秒
返信・引用
  > No.9416[元記事へ]

今回の飛燕は、絶対的にオリジナルを追求し、必要な箇所だけ最小限の代用品ををくっつける‥‥
ロバート ミケシュさんの言う「修復されたオリジナル」の手法でした。

残骸状態のヤップ島の零戦を里帰りさせるに当って、零戦の技術を確認したいという願いと同時に、
往時の流麗な形に戻してやりたいという願望があったと思います。

「修復」ではなく「復元」なのです。大きく手を加えて現役時の形状と塗装に戻した機体にオリジナルという言葉はふさわしくありません。
機体の傍に並べられている主翼の骨格その他の部品類こそがオリジナルなのです。

歴代館長は、それが分っているからカウリングの整形を会社に要求し続けているのでしょう。

以上は、私の勝手な推測です。

http://dansa.minim.ne.jp/

 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:上海JP  投稿日:2016年10月28日(金)22時43分17秒
返信・引用 編集済
  A6M232さんへのお返事です。

> 上海JPさん
>
> まず名航さんはあれだけの展示をあの当時から行って頂いているので素晴らしく大したもので、それに比べるとカウリングは些細な事と痛感しています。


そうですね。エンジンに何らかの不都合があっても、フォルム優先するのでしたら呉の零戦みたいに外してダミーのエンジンを付ければいいわけですし。展示としてあえてそうしなかった意味というのも充分あると思います。

ヤップ島にあった時の写真を見ると、着陸姿勢のままでエンジンが地面に落下してますので、エンジン下部の形が崩れていることは推測できます。そんなことも見学の際に伺ったような気がしますが、記憶がはっきりしません。

> やはりなかなか予算上その他諸々で動けない所が名航さんの厳しい内情かと想像しています・・・・?

銘板付けなど、一件簡単な手間でできそうなことでも、いろんな理由でストップがかかってできない歯がゆさというのは、これに限らずどこの世界でもあることですよね、よくわかります。


> さてカウリングですが一度素晴らしい状態のカウリングは完成していました、装着の段階で下部に不適合が発覚し下部を割って修正した事は現在の姿でも伺う事ができます。

修復には河口湖の原田さんも関わってたそうですので、いろんな選択肢を模索した上での今の完成系なんでしょうね。

> 気長に今後の修正に期待しようでありませんか(^^)
そうですね!確か施設もリニューアルされるはずですし、ぜひに。
 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年10月27日(木)21時17分46秒
返信・引用 編集済
  > No.9412[元記事へ]

上海JPさん

まず名航さんはあれだけの展示をあの当時から行って頂いているので素晴らしく大したもので、それに比べるとカウリングは些細な事と痛感しています。

勿論私個人の希望では、皆さんと同じく再チャレンジして頂きたい最大の部分ではありますが(^^ゞ
また私の出来る事で考証度アップの為の銘板一式と、計器板の一番直して頂きたい部分で羅針儀取付金具(複製)は提供させて頂いていますが・・・やはりなかなか予算上その他諸々で動けない所が名航さんの厳しい内情かと想像しています・・・・?
(銘板類は額に入れて展示されてしまってます(^^ゞ、簡単に装着できるものも沢山あるので付けて下されば幸いですが、先の通り内情等在るかと考え気長に期待している所です。逆に言えばお蔵入りで無く展示してくれただけでも大したものと考えていますから感謝ですね(^^))

さてカウリングですが一度素晴らしい状態のカウリングは完成していました、装着の段階で下部に不適合が発覚し下部を割って修正した事は現在の姿でも伺う事ができます。
何が在ったかは個人的な推測は持ってますが?です。
気長に今後の修正に期待しようでありませんか(^^)
 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:上海JP  投稿日:2016年10月27日(木)14時06分20秒
返信・引用 編集済
  > No.9413[元記事へ]

佐伯さんへのお返事です。

お返事ありがとうございました!


> 私が聞いたところではエンジン復元の際の設計を間違えたという話でした。
> でも、関係者がミスを言いたがらないのが普通ですから、真相は分りません。

その日の見学の時には、一般の見学者がコックピットに入れない理由を、
「スロットルレバー?なんかは、テープで仮止めしててあるくらい…室内が劣化しているので、一般の人は現在入ってもらえません」と、同じ方がおっしゃってたので、結構突っ込んだ話を正直にしてくださるんだなあ、と思ってました。
カウリングで隠れて見えない部分はボロボロ?ともとれる発言も、会社としてかっこ悪いといえばかっこ悪い事実ですし(僕はそんな風には思いませんが)

僕の認識間違いもあるかもしれませんので、機会があれば又うかがってカウリングの真相をあらためて聞いてみたいところです。


 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:佐伯メール  投稿日:2016年10月27日(木)13時47分14秒
返信・引用 編集済
  > No.9412[元記事へ]

上海JPさんへのお返事です。

> 僕が名航で、見学の際に説明していただいていた方に聞いたところでは、
> カウリングで見えない部分のパーツが、風雨にさらされて崩壊していて(多分下方に膨れていると推測)、そこは完全修復できなかったため、そのままカウリング付けずに展示するか迷ったが、あえてサイズが違ってもカウリングを製作して修復する、という結論になった。
> と聞いた記憶があるのですが、僕の聞き違えなんでしょうか。

誤ってカウリング下面を膨らませてしまった、というのは正確に言えば、やむを得ず膨らませたと表現すべきでしたね。

私が聞いたところではエンジン復元の際の設計を間違えたという話でした。
でも、関係者がミスを言いたがらないのが普通ですから、真相は分りません。

初代の説明員以後、会社に修正工事を求めているが、実現しないままであるというのも館内で一職員から聞きました。

http://dansa.minim.ne.jp/

 

Re: 行列に並ぶ・・・飛燕

 投稿者:上海JP  投稿日:2016年10月27日(木)13時19分28秒
返信・引用 編集済
  > No.9408[元記事へ]

佐伯さんへのお返事です。

> 三菱が零戦の修復で誤ってカウリング下面を膨らませてしまったこと、

僕が名航で、見学の際に説明していただいていた方に聞いたところでは、

カウリングで見えない部分のパーツが、風雨にさらされて崩壊していて(多分下方に膨れていると推測)、そこは完全修復できなかったため、そのままカウリング付けずに展示するか迷ったが、あえてサイズが違ってもカウリングを製作して修復する、という結論になった。

と聞いた記憶があるのですが、僕の聞き違えなんでしょうか。
 

零戦カレンダー

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年10月24日(月)19時32分52秒
返信・引用 編集済
  今年も瑛出版からカレンダー出ました。

やはり61-120格段に良いですね~(^^)


 

/168