投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. GaGaMILANO ガガ ミラノ スーパーコピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


BMW801 Freeman Field Recovery

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年10月10日(月)09時52分1秒
返信・引用
  私ばかりの投稿で大変恐縮ですが、フィリーマン・フィールド発掘の気筒を新たに入手し処置完了しましたのでアップ致します。
---------------------------------------------------------------------
BMW801気筒が腐食防止処置が終わり展示品として活用可能となりました。

3つ気筒が並んだものは左から「栄・BMW801・金星」と夢の競演か?状態です(^^)
本当はBMW801の左には火星を並べたいのですが、それは所沢で撮影させてもらう事にして・・・(^_^;)

何故比較展示で使用したかったと言えば、BMW801のルーツを辿るとBMW 132その前はP&W R-1690ホーネットと言う事で、金星は明星でやはりホーネット(でなくBMWか?金星4型でBMWの刻印有)が元となっているからです。
比較してみて全く違うのかと思いきや、132を考慮すればなるほどな訳です(^^)(金星と132の気筒は結構似ています)

目的は801と金星との比較が主なので、栄はおまけなんですが(^^ゞ
栄も寿・ジュピターの流れでしょうが、開発時にP&Wの影響もあったような話もありますから比較で良いかなと・・・
この点どうなんでしょう?

しかし!そもそもBMW801気筒は当初目的で無く、電動慣性起動器の入手時に801気筒がたまたま安かったのです。
結果、フリーマンフィールドの調査機体がこれだけ揃うとは、超々ラッキーでした(^^)

https://www.facebook.com/taizou.nakamura.5?sk=wall

 

Re: ブレイド零

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年10月 5日(水)00時34分32秒
返信・引用
  > No.9380[元記事へ]

ケンジさんに対しての問い合わせですが、私の手持ち範疇で頑張っておきました(^^ゞ
再現後の飛行を楽しみにしています(^^)

名称?尾部泥除け装置覆?
材質 耐水帆布
記事 塗粧ヲ施サズ

尾部覆いが灰色と厚木の鮮明な映像から判別できますので、図面情報から推測するに、白地の耐水帆布が汚れて灰色になっているのかも?と感じました。
 

Re: ブレイド零

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年10月 1日(土)00時41分42秒
返信・引用
  > No.9381[元記事へ]

tg540さんへのお返事です。

> 機体の全長が同じというくだりが今回のキモでした。

そうなのです。(^^
 

Re: ブレイド零

 投稿者:tg540  投稿日:2016年 9月29日(木)10時21分53秒
返信・引用
  > No.9380[元記事へ]

> 丸の零戦は、栄です。

機体の全長が同じというくだりが今回のキモでした。
 

Re: ブレイド零

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年 9月27日(火)23時43分4秒
返信・引用
  > No.9379[元記事へ]

えぬしもわるよのぉさんへのお返事です。

> 『丸』最新号によると、大破したブレイド21型はすでに修理に入っていて、早ければ来年の春には飛べるかもとのこと、一安心です。

そういえば先日、問い合わせがありました。問い合わせは前回省略した部分についてで、今回は再現する予定とのことです。

ところで丸の零戦は、栄です。
ちょっと違った見方で書いてみました。
 

ブレイド零

 投稿者:えぬしもわるよのぉ  投稿日:2016年 9月27日(火)13時49分1秒
返信・引用
  『丸』最新号によると、大破したブレイド21型はすでに修理に入っていて、早ければ来年の春には飛べるかもとのこと、一安心です。
そのときは飴色塗装も改めて欲しいです。

ところで新しく知ったところでは、降流式気化器に昇流式空気取り入れ口のカウリングを組み合わせた結果、空気取り入れダクトは下から上へ導かれているんだそうで、へぇーっと感心した次第です。
 

零戦の会

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 9月25日(日)23時25分8秒
返信・引用
  本日は零戦の会の為にお役に立てたようで良かったです(^^)
朝より汗だくで準備をし、汗だくで撤収完了しましたが、そんな苦労などホント些細な事と感じる良い会でした(^^)

厳粛ななかでの昇殿参拝に始まり、色々と普段では得難い事が多々あり書きたい事は沢山ありますが・・・長くなるので一つだけ(^^ゞ

笠井上飛曹には数年前に頂いた空気導入口を展示形態でお見せする事ができ安堵致しました(^^)
そこで私が作成した説明板を見て「おい!ヤップの時点では二飛曹でなく一飛曹だ!」この間様々「俺はいつ死ぬか判らないからお前には次に垂直尾翼をやる!」等々いつもの口調でありがたい言葉を掛けて下さり感謝でした(^^)
笠井さんのヤップでの経緯を知る展示品として更にバージョンアップ出来たことにも感謝でした。
今後とも各所で活用させて頂きますのでありがたい限りです(^^)
(この展示品、一部に吾妻中尉機の残骸を流用させて頂いいたりします・・(^^)
 

Re: 97艦攻に零戦の増槽を装着した状態の写真

 投稿者:秋田市のho  投稿日:2016年 9月21日(水)23時48分20秒
返信・引用
  > No.9375[元記事へ]

さるまたけさんへのお返事です。

> 秋田市のhoさんへのお返事です。
>
> > 「97艦攻に零戦の増槽を装着した状態の写真はあるのだろうか?。」
>
> 世界の傑作機「97式艦上攻撃機」P65に写真があります。トリミングされていますが、零戦の増槽のようで 爆弾等と同じようにワイヤーで吊るされています。同機は、電探装備機で艦船探索用に増槽を用いたようです。



さるまたけ 様

御教示頂きまして、
誠にありがとうございますです。

胴体燃料タンクが無い97艦攻にとっては、
増槽の存在は、
大きかったものと拝察致しております。

もしも、
97艦攻に、
彩雲で使われました、
魚雷形増槽を装着致しましたら、
栄11型エンジンの燃費的に、
航続時間も、
航続距離も、
相応に延びたかと。
 

フリーマン陸軍飛行場発掘品

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 9月19日(月)23時06分35秒
返信・引用 編集済
  以前インディアナ州フリーマン陸軍飛行場に戦後埋められた、捕獲機のエンジンシリンダ類の腐食除去過程を紹介しましたが、展示品として完成しましたのでアップします。
サイパン捕獲かとも思っていたのですが更に古い捕獲機の様で32型か22型となります。
勿論ごく初期の集合排気の52型かもしれませんが・・・(^_^;)
検証状合致はしませんが、栄21型の52型の例として、別入手52型排気管を付けて展示品としています。
 

Re: 97艦攻に零戦の増槽を装着した状態の写真

 投稿者:さるまたけ  投稿日:2016年 9月19日(月)14時26分6秒
返信・引用
  秋田市のhoさんへのお返事です。

> 「97艦攻に零戦の増槽を装着した状態の写真はあるのだろうか?。」

世界の傑作機「97式艦上攻撃機」P65に写真があります。トリミングされていますが、零戦の増槽のようで 爆弾等と同じようにワイヤーで吊るされています。同機は、電探装備機で艦船探索用に増槽を用いたようです。
 

97艦攻に零戦の増槽を装着した状態の写真

 投稿者:秋田市のho  投稿日:2016年 9月17日(土)22時48分51秒
返信・引用
  御存知の御方がいらっしゃいましたら、
御教示頂けますれば、
幸いでありますです。

『零戦パーフェクトガイド』という本に、
99艦爆に零戦の増槽を装着云々との記述がございまして、
以来、
「97艦攻にも零戦の増槽を装着したものなのか?。」
と思い続けておりましたけれども、
『丸(最新号)』にて、
97艦攻に零戦の増槽を装着したとの記述がございましたので、
スッキリしつつも、
今度は、
「97艦攻に零戦の増槽を装着した状態の写真はあるのだろうか?。」
と思うようになりまして、
御存知の御方がいらっしゃいましたら、
御教示頂けますれば、
幸いであります。

何卒、
宜しく御願い致しますです。
 

ご存知の方お願いです

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 9月11日(日)14時50分7秒
返信・引用
  「飛行機なんでも大好き」のHPを開設していたMさんをご存知の方いらっしゃいますでしょうか?
メールが送信できないものでして、新たな連絡先を知りたい訳でして・・・
ご存知の方宜しくお願いします。

 

Re: A6M8

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 9月 8日(木)00時14分11秒
返信・引用
  > No.9370[元記事へ]

上海JPさん

> 耐熱板の大きさの違い、なんかは昔の書籍では言及されていなかったように思います。

知っている人は知っていて、正確な所を発信して下さっていた方もいらっしゃるのですよ。
しかしズバリの寸法図は今回初めて?かもしれませんね?

> 一方、零戦って、意外に資料が残っているんですね。

全くその通りで、現存機も凄く多いですね(^_^;)

> かがみはらの記事に[製造元の三菱重工業の設計資料をもとに]、とありましたが、
> どんなのが残ってるのか興味深いです。

あ、A6M1なら図面悩まなくて良い部分も多いですね(^_^;)
零戦秘録・図面集見てもM1時代の図面が多く、量産機には該当しない形状が多いですし・・・笑
しかし模型でしょうからそこまで再現しないでしょうが(^^ゞ
 

Re: A6M8

 投稿者:上海JP  投稿日:2016年 9月 7日(水)06時45分10秒
返信・引用 編集済
  > No.9356[元記事へ]

A6M232さんへのお返事です。

耐熱板の大きさの違い、なんかは昔の書籍では言及されていなかったように思います。
関係者の方が多く存命してた時代より、かえって現代のほうが情報がたくさんありますね。

先日河口湖に行ったときに館長さんに伺いましたが、隼も、一式陸攻も設計図が残っていないそうなので、リバースエンジニアリングできるところはいいが、現存しない部品のレストアが大変、らしいですね。

一方、零戦って、意外に資料が残っているんですね。
かがみはらの記事に[製造元の三菱重工業の設計資料をもとに]、とありましたが、
どんなのが残ってるのか興味深いです。
 

Re: 十二試艦上戦闘機の実寸大模型

 投稿者:上海JP  投稿日:2016年 9月 7日(水)06時34分10秒
返信・引用 編集済
  > No.9362[元記事へ]

GIオレンジさんへのお返事です。

> 十二試艦上戦闘機の実寸大模型を展示するみたい。


無理くり擁護してみます。

さすがに航空博物館の展示ですから、それなりにきちんと仕上げてくると思いたいですね(切実)…。
またきちんとした復刻ができる、という姿勢を見せてくだされば、今後そういう作業自体の意義も高まりますよね。12試艦戦では不可能なんでしょうが、他機の場合はある程度実物部品を足せば復元、ということになるので、その足掛かりとしてもぜひとも頑張っていただきたいです。

大和ミュージアムの目玉は超大型模型なのですから、見せ方によって、復刻展示でもお客さんの興味を引き付けられる、ということを証明してくださればいいかと。

たとえば、一式戦から五式戦までずらっと並べてくれたら、復刻機が混じってても意義あるかも。


現実的には


河口湖の零戦を、隼レストアのあおりで手狭になっている収蔵庫にどのように展示するか思案されている、とのことですので、いっそのことそれを展示してくれたら、と思います。
一式陸攻も、広い場所があれば翼を付けて展示できるのになあ、と夢想します。なにぶん資料が無いので、完全レストアできるかどうかは現在未定だそうですが…

河口湖も、隼Ⅰ型がすんだらⅡ型のレストアするそうですが、どっちかが、かがみはらに来てくれたらいいですね。完成が何年後かわかりませんが…
 

Re: 十二試艦上戦闘機の実寸大模型

 投稿者:GIオレンジ  投稿日:2016年 9月 5日(月)14時19分49秒
返信・引用
  > No.9363[元記事へ]

A6M232さんへのお返事です。

> ひねくれていて大変申し訳ないですが、また最近の映画・ドラマの流れで2千万~3千万ですから、それだけかけるのならば、実機残骸を購入して欲しいですね~(^^ゞ

いえいえ 私もかなりひねくれています・・・・
レプリカより、確かにロシアにあるような実機残骸を購入した方が良いと思います
私は、十二式のレプリカより 研三の方が良い様な気もします
現実は、客寄せパンダと考へるなら 零戦なのかな?
 

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20160901/CK2016090102000026.html

 

Re: 十二試艦上戦闘機の実寸大模型

 投稿者:えぬしもわるよのぉ  投稿日:2016年 9月 5日(月)13時36分39秒
返信・引用
  > No.9366[元記事へ]

tg540さんへのお返事です。

企画を外注と言えば、帆船日本丸に併設された横浜みなと博物館の話を思い出しますね。
はじめは電通が展示内容を企画したのですが、船のしろうとが考えたとしか思えないお粗末な内容だったそうです。
幸い電通案は没になり、イラストレーターの柳原良平氏など船好きや専門家たちがあらためて企画を練り直したそうです。
 

Re: 十二試艦上戦闘機の実寸大模型

 投稿者:tg540  投稿日:2016年 9月 5日(月)10時03分20秒
返信・引用
  > No.9363[元記事へ]

A6M232さんへのお返事です。

賛成票1票。
企画案を展示会社に外注したような内容ですね。
歴史遺産の収集は博物館の重要な目的です。いろんな節目に当たる今は、今しかできないことにお金を使って欲しいものです。
ところでマロニー博物館は今後どうなるのでしょうか。
 

Re: 十二試艦上戦闘機の実寸大模型

 投稿者:MACH5  投稿日:2016年 9月 5日(月)10時00分10秒
返信・引用
  > No.9362[元記事へ]

GIオレンジさんへのお返事です。

日本人オーナーのあの零戦をかかみがはら航空宇宙科学博物館がレンタルして展示 年に数回飛行するような計画があり 各務ヶ原市長が鹿児島まで交渉に来ていたなんて話も聞きましたが 破談になってしまったのは とても残念でした。
 

Re: 十二試艦上戦闘機の実寸大模型

 投稿者:えぬしもわるよのぉ  投稿日:2016年 9月 5日(月)04時57分43秒
返信・引用
  > No.9362[元記事へ]

GIオレンジさんへのお返事です。

個人的には九試単戦を復元して欲しかった。
ジブリ映画のおかげで話題性もあるし、歴史的意義もむしろ十二試艦戦よりもあると思うし、実機が全く残っていないという点からもレプリカ製作の意味はあると思います。
 

Re: 十二試艦上戦闘機の実寸大模型

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 9月 4日(日)23時40分59秒
返信・引用
  > No.9362[元記事へ]

GIオレンジさん

ひねくれていて大変申し訳ないですが、また最近の映画・ドラマの流れで2千万~3千万ですから、それだけかけるのならば、実機残骸を購入して欲しいですね~(^^ゞ
例えば、レストアベースのほぼ全体揃った飛燕なんてその半分程で買えるのですし・・・(零戦は勿論倍ぐらいか・・・(-_-;)
各務ヶ原ならばコツコツ復元すれば、数十年しか寿命のないレプリカより、博物館として遥かに意義のある未来永劫残る展示機となりますでしょうから(^_^;)


 

十二試艦上戦闘機の実寸大模型

 投稿者:GIオレンジ  投稿日:2016年 9月 4日(日)17時58分23秒
返信・引用 編集済
  2018年3月に改装オープンする かかみがはら航空宇宙科学博物館に、
十二試艦上戦闘機の実寸大模型を展示するみたい。
完成が楽しみ!

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20160901/CK2016090102000026.html

 

Re: 艦攻

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年 9月 4日(日)00時18分23秒
返信・引用
  > No.9359[元記事へ]

tg540さんへのお返事です。

ありがとうございます。
ところでカットしている部分で、旋回銃の評価はかなり低く、ブレーキはボロクソに言われています。
ブレーキは、お手上げ状態で、日本軍はきっと上手く調整する方法を知っているのだろう、と冗談交じりの文章が書かれています。
ただし、これもステアリング出来る尾輪があるので大きな問題ではないとなっているので、逆に言うと米軍はタキシングにブレーキを多用していたのでしょう。
 

川重120周年展

 投稿者:tg540  投稿日:2016年 8月30日(火)22時06分40秒
返信・引用
  10月15日から神戸で催されます。
飛燕が展示されます。
 

Re: 艦攻

 投稿者:tg540  投稿日:2016年 8月30日(火)21時13分4秒
返信・引用 編集済
  読みました。本誌の特集記事と読み比べると連ドラとと姉ちゃんの商品テストを見ているようでいろいろ考えさせられます。  

艦攻

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年 8月28日(日)16時42分18秒
返信・引用
  今月の丸、情熱零戦は97艦攻です。TAICのレポートで、日本未発表だと思いますので、みて下さい。
97艦攻は電動慣性始動器付きなんてことも書いてあります。
 

Re: A6M8

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年 8月28日(日)16時38分55秒
返信・引用
  > No.9356[元記事へ]

A6M232さんへのお返事です。

> 型式は別ですが、面白い所でM5初期の耐熱板の図面ですが150×150と明確に解りますし、それ以前図面ではM5集合排気の間の製造番号も伺えて図面の重要さが解ります。

これは長年、知りたかった部分です。ありがとうございました。(^^
こうだろうと考えていたのに、合う部分と、ちょっと違う部分なんかも出てきて面白いです。
 

Re: A6M8

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 8月28日(日)09時18分53秒
返信・引用 編集済
  > No.9354[元記事へ]

上海JPさん

エド・マロニー氏の件全く持ってです。

> ネットでは様々な情報が溢れていて、どれが正しい情報なのか正直混乱していました。

ほぼ同じ図が複数あり、スピナーが当たって20ミリ後退の痕跡もうかがえます。
正面図では金星のプロペラ軸からの各外径線図も入っており、金星そのものです。

型式は別ですが、面白い所でM5初期の耐熱板の図面ですが150×150と明確に解りますし、それ以前図面ではM5集合排気の間の製造番号も伺えて図面の重要さが解ります。

情報が氾濫しつつも、正確な所を昔から発信している方々がいらっしゃる事も良くわかり感謝ですね(^^)
 

Re: エド・マロニー氏の旅立ち

 投稿者:上海JP  投稿日:2016年 8月28日(日)08時28分36秒
返信・引用
  A6M232さんへのお返事です。

もしマロニーさんの卓見、尽力がなければ、いまちゃんとした形で見られる大戦機は、もっともっと少なかったのでしょうね。今までありがとうございました!
 

Re: A6M8

 投稿者:上海JP  投稿日:2016年 8月28日(日)08時21分49秒
返信・引用
  A6M232さんへのお返事です。

なるほど、よくわかりました!ありがとうございます!
ネットでは様々な情報が溢れていて、どれが正しい情報なのか正直混乱していました。

まさに動かぬ証拠、一次資料ですね。
 

/168