投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. GaGaMILANO ガガ ミラノ スーパーコピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:秋田市のho  投稿日:2016年 7月19日(火)22時39分34秒
返信・引用
  私事ながら、
定期的に見たくなるイラストをば。(^・^)

『日本の航空母艦』という本の中の、
零戦21型のイラストなのでありますけれども、
誤りがありますです。(^・^;)

その誤りが、
私個人的には、
理想的なのでありますです。(^・^)
 

Re: にゃんきちです

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 7月11日(月)22時22分7秒
返信・引用
  > No.9292[元記事へ]

にゃんきちさん

レスポンス?いえいえ全く大丈夫です(^.^)

軍学講座面白かったですか(^.^)、BUNさんツイッターでも伺えました(^^ゞ

シリンダは栄の物はシリンダフィンは大変でした、しかし最後の物は方法が確立して、もっと早く知っていればと前の2本を悔やんでしまいました(^^ゞ
なんにせよシリンダ間の泥は半鉄並みに固いですから・・・最初から確立していればフィン形状がもっと残せたのに~と(-_-;)

金星は墜落機らしく残念な状態でしたが、程度は発掘品にしては凄い良い状態です。

飛行場建設の件、日本軍も結構重機を使用していた面が伝わって欲しいですね~
当時の飛行場建設での機械力の件、文庫で読んだ事あります。
 

Re: にゃんきちです

 投稿者:にゃんきち  投稿日:2016年 7月 9日(土)22時01分10秒
返信・引用
  > No.9291[元記事へ]

 >皆さん
いつも楽しく読まさせていただいています。
テキサンや北方の零戦とか、大変興味深く
拝見させていただいております。
皆さん、ソコソコのご年齢の方と拝察させて
いただきました。

>A6M232さん
相変わらずシゴトが遅いため、レスポンスが悪く
申し訳ありません。
今日は気分転換に横浜で開催されたBUNさん、
大塚さんの講座を聞きに行っていました。
相変わらず笑いが入る名調子で面白かった
ですね。

ところで、シリンダ、行くべきところに
落ち着いて良かったです。
それにしても凄いというか、技術というか執念の
勝利と感じ入りました。
ここまで綺麗に処理されたオリジナルのパーツは
ないですよ。貴重な資料ですね。
土の中とは言え、埋没された環境がかなり
良かったんでしょうね。



【オマケ】
にゃんきち家の会話集より
妻「この本屋からの請求なんなわけ?」
私「あ~それな~ 雑誌ですわ、戦中の・・・」
妻「またゼロ戦なわけ?」
私「・・・月刊道路」

というわけで、また変な趣味が増えたのかと
勘違いされたままの、昭和18年発行、
雑誌「道路」“飛行場急速施工特集号”の紹介です。

飛行場建設は実は道路技術の領域に属して
いますので当時の飛行場関係の教本等には
出てこないのです。

理由について原文ママに紹介すると
「一般に滑走路の幅員は道路に比して大で
あるが、全幅員を幾条かの帯に分かち、
例へば、幅員150呎(フィート、約46m)の
滑走路とするなら幅25呎(約8m)・・と
いう事で、既存の道路技術の組み合わせで
アスファルトやコンクリ舗装の飛行場を
作り上げて行きます。
(今もそうなんですヨ)

この手の本を読まないと当時の実情は
判らないことが多いのです。

でないと、米軍は飛行場をブルや専用機材で、
日本人は内地でもあの大量の飛行場をモッコで
人力で建設していた、という認識になりかねません。

この雑誌においても、米軍の海蜂部隊、
シービー(United States Navy Seabee)、
特設工作隊の機能について詳細に
解説していますし、日本海軍での
特設工作隊である、海軍設営隊についても
触れられており、この頃の月刊道路はとても
興味深い情報が載っているのです。

では!

 

にゃんきちさ~ん!

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 7月 9日(土)11時00分17秒
返信・引用
  隼エンジンいよいよです(^.^)
私の栄気筒分解も展示されるかも?です(^.^)
 

Re: 『トラ・トラ・トラ!』の出演機

 投稿者:エヌシもわるよのぉ  投稿日:2016年 7月 3日(日)19時43分15秒
返信・引用
  > No.9258[元記事へ]

テキサン・ゼロに後から改造して追加した「客席」の様子がよくわかります。
かなり窮屈そうです。
https://www.youtube.com/watch?v=KFFDSyQiKCI
 

Re: 機番について2

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年 7月 3日(日)01時17分38秒
返信・引用
  > No.9287[元記事へ]

梶原さんへのお返事です。

> そうすると32/22/52の混成はあったのでしょうか?
> 基本的に同一機種で作戦行動してたのはいつ頃までなのでしょう。

32/22/52の混成もないはずです。ここでいう混成は戦闘行動を行う単位内としてです。
そして同一機種、型式で編隊を組むのは最後までです。
 

Re: 機番について2

 投稿者:梶原  投稿日:2016年 7月 2日(土)20時16分46秒
返信・引用
  > No.9286[元記事へ]

ケンジさんへのお返事です。

> 型式の違う、つまり性能や飛行特性の違う飛行機で編隊を組まないのは、一般的なことで日本だけでの話しではありません。

そうだったんですか。
そうすると32/22/52の混成はあったのでしょうか?
基本的に同一機種で作戦行動してたのはいつ頃までなのでしょう。
う~ん、初歩的なことでも無知とは悲しいものです。

 

Re: 機番について2

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年 7月 2日(土)16時12分33秒
返信・引用
  > No.9285[元記事へ]

以前この話題が出た時に製一さんが本田稔氏に確認を取って下さいました。
結果は型式が違う零戦で小隊、中隊などの編隊は組まないというものでした。失速速度の違いが大きな理由の一つだそうです。
型式の違う、つまり性能や飛行特性の違う飛行機で編隊を組まないのは、一般的なことで日本だけでの話しではありません。
21型が爆装し52型が直掩ということであれば、敷島隊や他の例もある通り実際に行われていますが、同じ区隊内で混成となることはないということです。
 

機番について2

 投稿者:梶原  投稿日:2016年 7月 2日(土)07時43分29秒
返信・引用
  早々に御教示下さいました皆様、ありがとうございました。
個別のお礼を端折りますこと、お許し下さい。
今まで私は機番=部隊での作戦行動中、『搭乗員や他部隊からの所属部隊識別のための表記』と解釈しておりました。
実際の現場では機番見ずとも型式は一目瞭然ですから機番を型式別表記する必要なし、と考えていたのです。
敷島隊の写真を見ますと「02-888」の右後ろの機体は22型に見えます。
前機は602飛行隊からの機体とのこと、末期になると機種別行動など取れる状況ではなかったんでしょうね。
それよりも外地でまだ尚、21型が現役だったのが意外でした。
 

Re: 機番に付いて

 投稿者:エヌシもわるよのぉ  投稿日:2016年 7月 1日(金)14時08分29秒
返信・引用
  > No.9283[元記事へ]

A6M232さんへのお返事です。

> ケンジさんが「永遠の0」の助言時に、21型と52の混成での特攻は性能面の違いで避けたはずですので・・・しかし台本上(原作上)致し方ないですよね・・・と言っていたのを思い出しました・・・笑

特攻機が21型で、直掩機が52型というのなら、あったでしょうね。
 

Re: 機番に付いて

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 7月 1日(金)00時02分46秒
返信・引用
  > No.9282[元記事へ]

ケンジさんが「永遠の0」の助言時に、21型と52の混成での特攻は性能面の違いで避けたはずですので・・・しかし台本上(原作上)致し方ないですよね・・・と言っていたのを思い出しました・・・笑
 

Re: 機番に付いて

 投稿者:ふじいメール  投稿日:2016年 6月30日(木)22時28分5秒
返信・引用
  > No.9281[元記事へ]

梶原さんへのお返事です。

横やり失礼します。
21型と52型は性能が違いますから用途も違ってくるはずです。エンジンなどの違いもあって、整備の面からも、管理上区別出来た方が良い、ということではないでしょうか?
 

Re: 機番に付いて

 投稿者:梶原  投稿日:2016年 6月30日(木)20時26分49秒
返信・引用
  ケンジさんへのお返事です。

> 型式によって振り分ける番号も変えています。

分かりやすいご説明をありがとうございます。
素人なりの愚問がまた出てしまいました。
単一機種ならともかく機種ごとに番号(番代)を分けた意味は何故ですか?
同一部隊ならば同じ基地に集結してる訳ですね、帰還したあとは機種別に駐機したのでしょうか?
機種別に駐機=まとめて集中整備ができたとか、の事情があり行われたのでしょうか。
申し訳ありません、今一度ご教示下さい。
宜しくお願い致します。
お答え頂いたのに御礼の言葉、遅くなり本当にすみません。

 

欠けと溶痕

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 6月27日(月)00時18分44秒
返信・引用 編集済
  連投すいません

前回と同じ吸気側の欠けでした。
溶痕も同じ位置にあり、今回は排気側にも若干溶痕がありました。
左が前回、右が今回

出所は戦中に存在したインディアナ州フリーマン陸軍飛行場です。1946年にATSCによってこの飛行場に設置された外国航空機評価センターで調査され、終戦により破棄埋没されたものです。
2009年にFreeman Field Recovery Team.が編成され、発掘された物はfreeman field air museumに納められています。

何故か数個私の所に巡って来ましたので、折角なので綺麗にしています(^^ゞ
栄の気筒は3つ手に入れましたが、全て何らかのトラブルを起こした事故品です。
金星4型かそれ以降の気筒と思われる物も手に入れています。
零戦54型の破棄された成れの果てならば大発見で嬉しいのですが、どうも墜落機物かもしれず真珠湾物かなとも????都合の良い方向に考えてしまいます(^^ゞ
 

溶接

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 6月27日(月)00時04分3秒
返信・引用
  溶接は 綺麗じゃダメなんです!
一度しっかり溶接してから、他の腐食部分並みにするのですという写真です(^^ゞ

しかし内側段差が出来てしまった失敗も晒しておきます・・笑
今回はピストン位置が深かったので勘弁と言いたい所ですが、溶接時の点止めをしっかりやらなかった故と、表だけ見て溶接時の生き物みたいなうねりに対応出来なかっただけなんですが( ̄▽ ̄;)
 

栄21後列シリンダ

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 6月26日(日)23時56分1秒
返信・引用 編集済
  新たな栄シリンダを手に入れ、前回手に入れた前列シリンダと同じくピストンを抜く作業を実施しました。
今回は後列シリンダで、シリンダを割らないと無理な事例で、前回より深く入っていましたので割幅も長くなり難儀しました。

この作業は2日やっていました(^^ゞ
ピストンサルベージに5時間
その他作業3時間
ピストンピン抜きに、治具と焼きで30分程、抜きに3時間(0.1~0.3ミリ程しか進まない叩き格闘(^^ゞ)
シリンダ割った溶接復旧と、錆の拡張により負荷掛った部分の錆落しと、ロッカーアーム片側抜いた所で2日目が終わりました・・笑


抜く過程のピストンリング等の、シリンダと強固に固着した剥がし工程をyoutubeにアップしていますので御笑覧を(^^ゞ
https://youtu.be/-jjSxfalbyw
 

Re: 機番に付いて

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年 6月25日(土)19時52分38秒
返信・引用 編集済
  > No.9265[元記事へ]

梶原さんへのお返事です。

> 通常前機は12番(機)目、後機は129番(機)目となるのですが、1129の4桁数字になったのは番号の付替えをせずに通し番号にしたからですか。

これも252空の例ですが、18年11月にY2から52に変えるときに100番代に加えて1100番代が出てきます。所有の零戦が100機を超えそうな見込みだったので、1100番代を使用したのだと思います。
ただし、型式によって振り分ける番号も変えています。1100番代は21型、130番代は32型、140番代以降は22型、そして配備が始まったばかりの52型は100番代からです。
写真を良く見ると204空も1100番代は21型だけだというのが分かります。
 

Re: 北方方面の零戦残骸

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 6月22日(水)20時20分20秒
返信・引用
  > No.9274[元記事へ]

Zero22さん

凄い貴重な写真アップありがとございます。
冷戦時代に偵察衛星から映る事を考え、なんでも破壊し形が判別できる大物は埋めてしまった故ですね・・・
今の考えですれば変な考えですが、まだ衛星画像の解像度が低い時代なればこそですね・・・
 

Re: 北方方面の零戦残骸

 投稿者:エヌシもわるよのぉ  投稿日:2016年 6月22日(水)16時55分31秒
返信・引用
  > No.9274[元記事へ]

Zero22さんへのお返事です。

写真アップありがとうございます。
日本の軍用機だと何でもかんでもゼロ戦と報道されがちなんで半信半疑だったけど、まぎれもなく零戦ですね。
 

北方方面の零戦残骸

 投稿者:Zero22メール  投稿日:2016年 6月21日(火)12時49分21秒
返信・引用
  参考になれば幸いです。同列島方面での回収と思われる零戦の残骸です。ロシア人、アメリカ人の収集家により回収時の写真です。回収後の零戦の顛末は不明です。アメリカの収集家により8年位前に頂いた写真です。  

Re: 既出でした。

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 6月20日(月)21時07分39秒
返信・引用
  > No.9271[元記事へ]

梶原さん

いやいや今後とも遠慮なく書き込んでください(^.^)
 

既出でした。

 投稿者:梶原  投稿日:2016年 6月20日(月)18時41分14秒
返信・引用
  先ほどの投稿、佐伯様が先記されてました。
大変失礼致しました。
ここ数日の御対応に感謝致しこれで失礼致します。
皆様、ありがとうございました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00000047-jij-int&pos=2

 

千島の零戦

 投稿者:梶原  投稿日:2016年 6月20日(月)18時36分39秒
返信・引用
  早速、ニュースにありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00000047-jij-int&pos=2

 

Re: 千島で零戦発見のニュース

 投稿者:tg540  投稿日:2016年 6月20日(月)17時31分24秒
返信・引用
  > No.9268[元記事へ]

報道の文章から胴体部分を見ると別の画像のようですね。
17年製造の21型らしいので、なんとか画像を見たいですね。
 

Re: 千島で零戦発見のニュース

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 6月20日(月)12時22分53秒
返信・引用
  関係ない違う写真ですか?
http://6rv.org/wp-content/uploads/2016/06/147694098.jpg
 

Re: 千島で零戦発見のニュース

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 6月20日(月)12時19分2秒
返信・引用
  佐伯さん

写真が零戦ではないですね( ̄▽ ̄;)
 

千島で零戦発見のニュース

 投稿者:佐伯  投稿日:2016年 6月20日(月)09時20分39秒
返信・引用
  今朝のインターネット航空雑誌ヒコーキ雲日替わりメモに掲載しました。

◎ 千島でゼロ戦発見=旧日本軍駐留のマトゥア島―ロシア
 【モスクワ時事】ロシア軍の東部軍管区は19日、千島列島中部のマトゥア島(松輪島)で、ゼロ戦とみられる旧?本軍の戦闘機を発?したと明らかにした。インタファクス通信が伝えた。
東部軍管区は「胴体、主翼は十分良好な状態で残っており、マトゥア島に駐留していた『ミツビシ・ゼロ』とみられる」と説明。1942年製で「1733」の工場番号が振られていると述べた。
 ロシア軍は、マトゥア島を北極海航路をにらんだ千島列島の軍事拠点として重視し、海軍基地設営に向けた調査団を派遣。今?に?り、旧?本軍が残した軍?空港の改修が完了し、ヘリコプター離着陸が可能になった。16/06/19

http://dansa.minim.ne.jp/

 

機番に付いて

 投稿者:梶原  投稿日:2016年 6月19日(日)11時00分58秒
返信・引用
  確か部隊表記の後の機番で『100の位が1=戦闘機』ですね。
例えば204空の零戦で「T2 112」の他に、「T2 1129」の機体写真を見ました。
通常前機は12番(機)目、後機は129番(機)目となるのですが、1129の4桁数字になったのは番号の付替えをせずに通し番号にしたからですか。

>空いた番号を新しい機体に割り振るというのは行われていたようです。
新機体に新しい番号を割り振った例でしょうか。

 

Re: 部隊配属後の管理は?

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年 6月19日(日)10時07分7秒
返信・引用
  > No.9263[元記事へ]

Y2-128さんへのお返事です。

> 呼称番号は一つの機体限定でしょうか?たとえば、隊長機が用廃になって別の新しい機体に同じ呼称番号を書き込むことは無かったのでしょうか?

空いた番号を新しい機体に割り振るというのは行われていたようです。
また必要があれば、全機の番号も変更しています。252空は資料が残っているのですが、Y2から52に変わるときに所有機の番号を全部見直しています。この資料、送っていなかったような気がしますので送ります。

来歴簿は、英語に全部を訳したものと部分ですがオリジナルのコピーがあります。今、日本にいないので戻ったらアップできる部分を探してみます。
 

Re: 部隊配属後の管理は?

 投稿者:Y2-128メール  投稿日:2016年 6月19日(日)08時38分57秒
返信・引用
  > No.9259[元記事へ]

ケンジさんへのお返事です。

> で、来歴簿には舞台での呼称番号は記載されません。これは部隊側で別のリストで管理されます。

おひさしぶりです。
呼称番号は一つの機体限定でしょうか?たとえば、隊長機が用廃になって別の新しい機体に同じ呼称番号を書き込むことは無かったのでしょうか?
 

/166