投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. GaGaMILANO ガガ ミラノ スーパーコピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


部隊配属後の管理は?

 投稿者:梶原  投稿日:2016年 6月 8日(水)00時54分15秒
返信・引用
  先日は疑問にご回答頂き、ありがとうございました、
最後にもう一つご教示お願い致します。
零戦に限らず生産工場(メーカー)出荷後の機体管理(いつ、どの部隊に)は、どの部署がどの様にしてたのでしょうか。
軍に納入後は一機一機の動きは最初の部隊配置までが管理内ですか?
部隊の統廃合で所属が変わった際などは記録されていたのかどうか。
搭乗員並みに異動(移動)歴が分かるものではなかったと解釈してます。
その日その日に失われ得る機体です。
何でも結構です、どうか疑問にお答え頂きたく存じます。

 

Re: パチパチキット

 投稿者:白石  投稿日:2016年 6月 7日(火)21時45分15秒
返信・引用
  零戦まにあさんへのお返事です。

> 昭和46~47年頃だったと思います。
> マルサンから脚の飛び出すアクションが付いた「パチパチキット」と言う
> 1/100スケールのキットシリーズが出ていました。
> 現在は童友社の翼コレクションと銘を打ち、現代に甦る(^^;名キットです。
>
> この脚機構の組み立てが難しくて完成させた当時の小学生は皆無だったんではないかと思います?
> 東京地方では「マルサン・パチパチキット!」とTVコマーシャルまでやって
> 大宣伝したキットだったのですが、組み立ての難しさが祟って沈没した迷キットでした。

僕は当時小学4年でしたが、作って完成させてましたよ!!
他に零戦、隼、鍾馗なんかがあったように記憶してます。違ったかな??
しかし、懐かしい!!!
記事有難うございました。
 

Re: 鹿児島の22型

 投稿者:梶原  投稿日:2016年 6月 7日(火)20時03分41秒
返信・引用
  > No.9227[元記事へ]

早々にご回答、ご教示ありがとうございました。
なるほどダクトの構造だったのですね。
写真も含めて初心者の私は、よく理解できました。
搭載したEGより小型のものが有ったら更にスタイルも良くなったんでしょうね。
隼然り頭でっかちが残念です。
 

頭でっかち

 投稿者:  投稿日:2016年 6月 7日(火)11時44分44秒
返信・引用
  ふじいさんが、広島空港で撮られた写真のアングルが、かなり頭でっかちに見えますね。
enushiさん、なるほど、ダクトの分、カウリングが大きくなっているのでしょうか。
ダクトを省略して、シリンダーの間を抜けてきた空気を取り込むとなると、暖まった空気を取り込む事になるのかな。
 

Re: 鹿児島の22型

 投稿者:enushi_mo_waruyonou  投稿日:2016年 6月 5日(日)18時40分13秒
返信・引用
  梶原さんへのお返事です。

初めまして。

私見ですが、22型の場合、気化器の空気取り入れダクトの分、カウリングの上部が膨らんでしまっているためではないでしょうか。

ブレイドの21型は、カウリング下面の空気取り入れダクトはダミーで、気化器はやはり上部にあるのですが、ダクトがカウリング前面まで伸びてはいなくて、シリンダーを潜り抜けてきた空気を取り入れるようになっているかに見えます。

ちなみに、複座に改造された22型の兄弟は、カウリングがコンパクトによく出来ていて、違和感があまりありません。ひょっとしたら空気取り入れ口はダミーで、ブレイドの22型同様、ダクトは前面まで伸びていないのかもしれません。
 

鹿児島の22型

 投稿者:梶原  投稿日:2016年 6月 5日(日)12時59分49秒
返信・引用
  初めまして、梶原と申します。

突然、お見苦しい戯れ言をお許し下さい。
ド素人故に皆様方のご意見をお伺いしたく投稿させて下さい。

先週(先月)30日に鹿児島空港離陸時に空港の南側に見ました。
22型の現物を見たのは初めてでしたが、「頭デッカチ」なのが残念でしたね。
それと白フチのない暗緑塗粧もなんだか、この機体には違和感を感じました。
ブレイド社製21型(飴色)は、カウリングの形状も上手く処理されて一瞬オリジナル?と思わせる程でしたが、この22型はそこまでは無理だったのですか?
確か同じエンジンを搭載してるのですから出来なかったのは何故?

大変失礼しました。何かしら御教示御回答を頂けると幸甚です。

突然、お見苦しい戯れ言をお許し下さい。
ド素人故に皆様方のご意見をお伺いしたく

 

Re: 零戦@広島

 投稿者:A6M232こと中村泰三  投稿日:2016年 6月 4日(土)15時10分58秒
返信・引用 編集済
  > No.9223[元記事へ]

ふじいさん、良かったですね~(^.^)

上海JPさん、非難されている方でクラウドファンディングのリターンを受けていない方なら重々判るのですが、便乗と言うか明らかに反対ありきの方も多数いて、日本はこんな面でも厳しいな~と辛かったですね。

私の仲間でもジャケットのリターンを受けていない方から「泣き寝入りか?」とか、諦めメールも聞きましたのでオーナーと広報担当の方には伝えておきました。
ジャケットはニュージーでのFEW工場が立ち行かなくなって、別国での再建が始まった段階でして、製造にはまだ時間が掛る様です。
メール不備等の要因以外ではマグカップ等は送られている様なので、後は、懇親会ですかね・・・
スタッフは不履行にする事は考えていないので、スタッフ・資金の少なさに加え飛行における困難・多忙さで謀殺され情報発信も至らぬ点がありますが、目的に向かって頑張っている事は確かですので、何とか続いて欲しいプロジェクトです。
後、クラウドでご支援受けた2千万は、輸送費・維持費等ですぐになくなってしまう事も理解してほしいですね~
 

零戦里帰り

 投稿者:上海JP  投稿日:2016年 6月 4日(土)14時37分8秒
返信・引用
  http://blog.goo.ne.jp/koku-fan/e/d7de347ec640e0c3c13039b6e68f8f52

岡山で、今回の計画はとりあえず中止、ということですか。残念です。

いい夢を見させていただきました!次回に期待したいと思います。

しかし、FACEBOOKでの非難、中傷はひどかったですね。みなさん思い入れの強い飛行機ですから、いろいろ言いたい気持ちは痛いほどわかりますが、とにかくオーナー様や関係者のモチベーションが下がったら、飛ぶものも飛ばなくなります。
 

零戦@広島

 投稿者:ふじいメール  投稿日:2016年 6月 4日(土)00時03分28秒
返信・引用
  今朝見てきました。無事飛びたてたようですね。  

Re: 航法要具嚢

 投稿者:A6M232こと中村泰三  投稿日:2016年 6月 2日(木)21時42分23秒
返信・引用
  > No.9221[元記事へ]

enushi_mo_waruyonouさん

あはは、私も現物以上の事は皆目?なので(^^ゞ
一寸深入りしてもこんなざまです・・・笑
 

Re: 航法要具嚢

 投稿者:enushi_mo_waruyonou  投稿日:2016年 6月 1日(水)06時12分25秒
返信・引用
  > No.9220[元記事へ]

A6M232こと中村泰三さんへのお返事です。

参考になりました。
塗装に関しては、いやな思いをすることが多かったので、私のような知識の乏しい者はこれ以上深入りするのはやめておきます(笑)
 

Re: 航法要具嚢

 投稿者:A6M232こと中村泰三  投稿日:2016年 5月31日(火)17時42分27秒
返信・引用 編集済
  > No.9218[元記事へ]

tg540さん
enusiさん

白飛びの理由を片さんBUNさんに聞いて、ご教授戴け非常に納得していたりしています。フイルムの退色なんですね、また当時のカラーフィルムは露出でかなり色が左右されるそうで、零戦は露出過多で白飛びしていた訳ですね。

その後「良く見ると灰色が伺えるシーンもあり、大体予測範疇内の灰色と覗えもう嬉しい限りです(^.^)」
と返答した所、黄色が抜けていると指摘があり、私の見た目での考えではダメみたいです(^_^;)
色はやっぱり裏付けのある知識がないと駄目ですね~(^^ゞ

と、言いつつ黄色を足したとしても、現用飴色と言われるような茶褐色系までは行かないかと思えるので良い資料ですね(^.^)
 

Re: 航法要具嚢

 投稿者:enushi_mo_waruyonou  投稿日:2016年 5月31日(火)13時53分53秒
返信・引用 編集済
  A6M232さんへのお返事です。

> こんなのも冷静に見る感染者広まれば( ̄▽ ̄;)

冷静に見ると、飴色がかっているようにはどうしても見えません。
 

Re: 航法要具嚢

 投稿者:tg540  投稿日:2016年 5月31日(火)10時45分13秒
返信・引用
  > No.9216[元記事へ]

> こんなのも冷静に見る感染者広まれば( ̄▽ ̄;)

感染中です。
アメリカのムービーは全てカラーなんですね。
 

AI-112

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 5月30日(月)21時02分58秒
返信・引用
  撮影飛行終わり、明日はコラボ飛行です(o^-^o)  

Re: 航法要具嚢

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 5月30日(月)12時29分52秒
返信・引用 編集済
  Y2-128さん

こんなのも冷静に見る感染者広まれば( ̄▽ ̄;)
11分30秒から

http://www.youtube.com/watch?v=F53Mo374edg&sns=tw
 

Re: 航法要具嚢

 投稿者:Y2-128メール  投稿日:2016年 5月30日(月)07時53分41秒
返信・引用
  > No.9214[元記事へ]

A6M232こと中村泰三さんへのお返事です。

> 中村さん
>
> 所沢航空発祥記念館にて企画展行うと、希少な資料等々あるのに何故か私の現物資料が一番とアンケート結果が出ているそうです・・・笑

やりがいのある趣味(?)で嬉しいですね。分かる人は分りますし、分からない人は現物が一番。それでも分からない人は航空発祥記念館(枕頭病発症祈念館)には大体来ませんよね。
 

Re: 航法要具嚢

 投稿者:A6M232こと中村泰三  投稿日:2016年 5月29日(日)22時06分50秒
返信・引用
  > No.9213[元記事へ]

ケンジさん

おおっ!とうとうそこに来ましたか!
私はリベット痕で?と考えてはいましたが、ケンジさんに教えて貰うまで全く?でした(^^ゞ
さあ、丸としてどれだけ反響あるのか、無理な事ですがネットみたいに各個データーがあるのならば見てみたいですね(^^ゞ

別話になるかもしれないですが、所沢航空発祥記念館にて企画展行うと、希少な資料等々あるのに何故か私の現物資料が一番とアンケート結果が出ているそうです・・・笑
そんな訳で丸の「情熱零戦」の連載も、現物と図面検証の結果ですから、結構見ている人がいると思うのですがね~???
 

航法要具嚢

 投稿者:ケンジ  投稿日:2016年 5月29日(日)10時01分42秒
返信・引用
  今月の丸は座席です。
いままで発表されたことのない座席前にあるもの入れ、航法要具嚢を紹介しています。多分、弁当入れとして使われたことが多かったのだと思います。プラモなどでも再現した人はいないと思う、レアアイテムです。
 

(無題)

 投稿者:ヒロ  投稿日:2016年 5月26日(木)15時55分0秒
返信・引用
  中村さん、フォロー感謝です。
零戦は、南紀白浜空港に一泊することになりました。
離陸は、2日の午前11時頃を予定しています。
 

Re: 給油?

 投稿者:A6M232こと中村泰三  投稿日:2016年 5月25日(水)18時46分10秒
返信・引用
  > No.9210[元記事へ]

鷲さん、行先は色々とセキュリティ等々含めてですから結果が出るまで温かい目で見守って下されば幸いです、恐らくヒロさんも返答に困ると思いますし(^_^;)その中で可能な限り発信を頑張っていますので。
目的は近いうちに判りますし、なんにせよ関係者は様々模索しながら飛行と次の目標、更に将来に向け頑張っていますので。
 

給油?

 投稿者:  投稿日:2016年 5月25日(水)12時27分11秒
返信・引用
  ヒロさん、いつもどうも。
南紀白浜空港へは、給油のために寄るらしいですね。
でも、まあ、近くで見れるそうで、羨ましいです。
このフライトの目的地は何処なのかな。
 

6月1日、南紀白浜空港

 投稿者:ヒロ  投稿日:2016年 5月21日(土)06時24分55秒
返信・引用
  ここに書き込むのは数年ぶりです。

零戦里帰りプロジェクトの飛行に関してお知らせです。
私のファイスブックでも情報を発信していますが....

6月1日の零戦が和歌山県の南紀白浜空港に舞い降ります。

現在、判明している情報です。
6月1日の朝、岡山を離陸。
海岸線に沿って、飛行してきます。
海岸から飛んでいる零戦が見れる可能性もあります。
 これに関しては、どこを飛んでいるかを私のfacebookで中継
 するかもしれません。
飛行するのは、零戦と随伴機(1ないし2機)

南紀白浜空港に着陸は、10時30分から11時頃。
 天候やその他の状況により、大幅な変更の可能性もあります。

駐機するのは、約1時間。

一般の見学者は、空港ビルの屋上から見学可能です。
小さな空港なので、屋上デッキはすぐにいっぱいになるかもしれません。

平日ということもありますが、都合のつく方は是非、南紀白浜空港までお越しください。
 

Re: 飛燕のパネル

 投稿者:seraメール  投稿日:2016年 5月19日(木)17時14分24秒
返信・引用 編集済
  > No.9207[元記事へ]

上海JPさん、A6M232さん書き込みありがとうございます。

零戦に比べて、飛燕はまだまだ不明点が多い機体なんですね。

飛燕は、乙の途中から尾輪の引き込み機能が廃止されたと聞いていますから、
1枚目はご指摘の通り、乙かもしれません。

11月から「かかみがはら航空宇宙博物館」で仮展示されるとの事ですから、
飛燕の話題が増えると思います。

今から楽しみです。

ありがとうございました。
 

Re: 飛燕のパネル

 投稿者:上海JP  投稿日:2016年 5月19日(木)08時23分56秒
返信・引用
  > No.9206[元記事へ]

> 下の方は、燃料タンクの容量変化で型番がわかるはずなのですが、歴史群像『三式戦「飛燕」・五式戦』を読みましても、浅学な私には理解できませんでした。

追記です。1型丁以降、五式戦までが、増槽を含まない機体への搭載ガソリン600(正確には595)リットル(立)、うち100リットルの胴体燃料タンク、というスペックのようです。その他は、胴体タンクの容量が違ったり、なかったりする、ということになるようですが…
 

Re: 飛燕のパネル

 投稿者:上海JP  投稿日:2016年 5月18日(水)13時08分18秒
返信・引用 編集済
  >  1.使用されていた飛燕の型式

上の方は、単純に機関砲4門になった一型乙以降だとスペックは合いますね。
一型甲は機関銃2門、機関砲2門ですし。
一型甲の同じ部品の記載が知りたいところです(きちんと用語の使い分けしているか)。


下の方は、燃料タンクの容量変化で型番がわかるはずなのですが、歴史群像『三式戦「飛燕」・五式戦』を読みましても、浅学な私には理解できませんでした。
 

Re: 飛燕のパネル

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 5月16日(月)18時16分59秒
返信・引用 編集済
  > No.9204[元記事へ]

seraさん

「かかみがはら航空宇宙博物館」への寄贈
それは一番最良な行先ですね~快いお方です(^.^)

この銘板の一つの存在は飛燕所有の航空協会には伝えています。(2枚共だったかも?)
 

飛燕のパネル

 投稿者:seraメール  投稿日:2016年 5月16日(月)07時27分17秒
返信・引用 編集済
  静岡ホビーショー2016で、「零戦五二型」と「飛燕一型」の計器盤を展示しましたが、
見学者の方が添付写真の2枚のパネル(20cmX25cm)を持参され、
「これはどの様なパネルなのでしょうか?」との質問を受けました。

「かかみがはら航空宇宙博物館」への寄贈を検討されているようです。

残念ながら、私の知識では説明しきれませんでしたので、皆様のご教示を頂ければ幸いです。
この2枚のパネルはヤフオクで別々に出品されたものであり、同機種とは限りません。

1.使用されていた飛燕の型式
2.機体のどの部分に表示されていたと考えられるか。(機体への固定用の孔がありません)

※画像の逆さまが修正できません、拡大すると反転します。

 

Re: 日本機のカラー映像

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2016年 5月15日(日)10時32分54秒
返信・引用 編集済
  > No.9201[元記事へ]

ROMさん

これは凄すぎです、感謝です。
フェイスブック等で投稿した所瞬く間に世界中の零戦関連の濃い方々に回りました(^.^)
POF側が知らなかったのならば、ケンジさんの言う通りにしておいて良かったと痛感しているはずです(^^ゞ

ありがとうございました、今後とも宜しくお願いいします(^.^)
 

Re: 日本機のカラー映像

 投稿者:ROM  投稿日:2016年 5月14日(土)22時26分1秒
返信・引用
  > No.9198[元記事へ]

A6M232様、ケンジ様、お役に立てたのであれば光栄です。

私もこれを見た時は、これは良い動画だと思い嬉しくなり、
今まで紹介されていないようなので投稿した次第です。

ただ残念なことに、陸軍機はキ-84の一種しか無いようです。
陸軍機のカラー動画は、何故か海軍機に比べて少ないようですね。
 

/166