投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. GaGaMILANO ガガ ミラノ スーパーコピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ラバウル基地で発見された銘板

 投稿者:零戦メール  投稿日:2019年 4月24日(水)12時50分27秒
返信・引用
  海外の日本機愛好家より依頼が来ております。ラバウル基地で発見された銘板との事です。搭載された機体をお教え下さいとの事です。「一式陸攻」、「彗星」、「月光」のいずれかの機体のものと思いますとの事です。何とか協力して上げたいのですが、小生には専門知識がなく、ご教示、ご協力の程宜しくお願い致します。
 

お守り入れ?

 投稿者:上海JAPAN  投稿日:2019年 4月19日(金)12時56分40秒
返信・引用 編集済
  『日本陸・海軍機大図鑑』にはお守り入れ、と掲載されていました容器です。

https://pochi21.exblog.jp/5690677/
お守りとは言えませんが、この懐中尊号のサイズとは近いのでしょうか?(縦57㎜・横32㎜)
なんとなく、三つ折りの物を入れる器として合理的な形に作られているかな、と思います。
 

Re: 栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2019年 4月18日(木)23時34分33秒
返信・引用
  > No.9870[元記事へ]

ROMさん、カラー図、再度ありがとうございます(^-^)
 

Re: 栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版

 投稿者:ケンジ  投稿日:2019年 4月18日(木)22時18分5秒
返信・引用 編集済
  > No.9870[元記事へ]

おお、あったのですね!
知りませんでした。取扱須知は、防研にあるので見ていますが、取説が残っていると分かって安心しました。(^^
 

Re: 栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版

 投稿者:ROM  投稿日:2019年 4月18日(木)20時14分26秒
返信・引用
  > No.9868[元記事へ]

A6M232さんへのお返事です。

カラー図はこちらでも紹介されていました。
http://www.j-aircraft.org/smf/index.php?PHPSESSID=dc1f6f5d1e09313e8dee6cd35fee1ce0&topic=5949.msg42931
 

Re: 栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2019年 4月18日(木)19時40分21秒
返信・引用
  OGOMENさん

ありがとうございます(*^-^)!
 

Re: 栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2019年 4月18日(木)19時37分41秒
返信・引用
  ROMさん

感謝致します??
ありがとうございます。

そう言えばで未入手でした(^-^;
別の件ですが私が見たのはカラー図でした。
 

Re: 栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版

 投稿者:OGOMEN  投稿日:2019年 4月18日(木)15時29分9秒
返信・引用
  > No.9865[元記事へ]

【相模原兵器廠】というネットショップでPDF版が販売されています。 図の画質は若干低いですが、貴重な資料ですね。

https://images.app.goo.gl/8hCcuW2SprgcY7VD9
 

Re: 栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版

 投稿者:ROM  投稿日:2019年 4月18日(木)11時03分40秒
返信・引用
  > No.9863[元記事へ]

A6M232さんへのお返事です。

栄発動機一〇型取扱説明書は下記ブログで2009年2月に紹介されていましたので、存在するかもしれません。
https://blog.goo.ne.jp/pokopoko110_1968/m/200902

また最近は判りませんが、ヤフオクに何回かPDF版が出品されていました。
(最初に見たのは2012年12月です,googleでは2017年9月終了分がヒットします)
 

Re: 栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2019年 4月18日(木)00時03分34秒
返信・引用
  > No.9864[元記事へ]

ケンジさん

どっかで断片的に見ましたよ!( ̄▽ ̄;)
 

Re: 栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版

 投稿者:ケンジ  投稿日:2019年 4月17日(水)22時40分49秒
返信・引用
  > No.9863[元記事へ]

A6M232さんへのお返事です。

誉の取説は、ありますが、栄の10は、取説がないかもしれません。
 

栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2019年 4月16日(火)01時35分34秒
返信・引用
  「栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版」エイ出版社編集部
この書籍はホント感謝しきりです、私にとってはこの値段でも遥かにお買い得な訳で計3冊体制となりました(^-^;
これに「栄10型」と、あわよくば「誉11・12・21・22型」の2つの取説が出れば完璧な願望あり( ̄▽ ̄;)m(_ _)m
 

Re: 疾風映像

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2019年 4月14日(日)11時16分5秒
返信・引用 編集済
  > No.9861[元記事へ]

ケンジさん

本当に良い方向に行きました、しかし・・・それを指針してきた行政が近代遺産分野に消極的な方向が見え始めてもいます。
他でも騒がれている研究分野にも表れ始めていますが、現状に投資はするが実収入にはならない未来にはしない方向性となれば、近代が削除なんです。

本当に不味いです、これを何とか留め、今までの現状での進展を望むのならば、近代遺産分野にて多くの方々の関心と行動が必要なのです。

https://www.facebook.com/taizou.nakamura.5/posts/1944776998964528
 

Re: 疾風映像

 投稿者:ケンジ  投稿日:2019年 4月14日(日)10時14分42秒
返信・引用 編集済
  > No.9859[元記事へ]

日本にもスミソニアンと同じ方向で、飛行機を保存するということが広まり始めたのは、大変喜ばしいことだと思います。かかみがはらの飛燕と知覧の疾風は、現時点で最良と思われる保存方法を文化財の保存で日本最高の研究機関も関係して考え、世界トップクラスの基準での保存を目指しています。
その昔、日本にもスミソの様な博物館をと願っていた方が多数いたと思うのですが、ようやくそのような時代になってきたのです。
 

Re: 疾風映像

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2019年 4月10日(水)19時38分5秒
返信・引用
  > No.9858[元記事へ]

さるまたけさん

映像紹介ありがとうございます。

映像の疾風は、恐らく慣性機動器のクラッチを手動にてつないだシーンかと。
電動慣性機動器の場合にはあの位置であの動きは意味が無いですし。
手回しの後にカットされている部分で、エナーシャーハンドルにて回しているという訳です。

> 復活は難しいとは思いますが、エナーシャを回してエンジン始動するところをまた見たいものです。

(以下、さるまたけさんの何気ないエンジン始動の希望に対して、長文を大変申し訳なく思いますが、多くの方に対して現状を伝える為の発信ですのですいませんm(_ _)m)

復活はやる気と資金さえあれば難しくはなく十分可能かと、ただその為にはオリジナル部品がどんどん無くなり、当時の誉発動機とはかけ離れて行きます。
ただ1機の疾風に装着されている固有の誉発動機としては、動態保存を続ける事はある意味、当時の状態をじわじわと殺していくことになるのです。

実際、アメリカで飛んでいた時の当時の回転計とその構成品の3つは、動態保存の為に日本で交換された可能性が高くなっています。
飛行後の写真に写る当時の部品でなく、現在では自衛隊納入の向けの銘板が付いた部品が着いていますからほぼ確実かと(^-^;

私は飛ぶ零戦に対して(3機)多大な労力とそれに対する資金を注ぎ込んできたほどの、ある意味「熱烈な動態保存派」でもあります。
しかし、そんな私でも疾風は詳細を知れば知る程!静態保存にて後世に残すべき重要航空遺産と確信できる訳です。
 

Re: 疾風映像

 投稿者:さるまたけ  投稿日:2019年 4月10日(水)02時10分49秒
返信・引用 編集済
  > No.9857[元記事へ]

A6M232さんへのお返事です。

> 今でも同じ状態です。オリジナルの東京航空計器の電動機動器でない慣性機動器のままです。

ありがとうございます。
映像の疾風が、同機(知覧疾風)かわかりませんが、電動機動器によるエンジン始動なのでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=0q_45I812XU

復活は難しいとは思いますが、エナーシャを回してエンジン始動するところをまた見たいものです。

 

Re: 疾風映像

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2019年 3月29日(金)01時12分50秒
返信・引用
  > No.9855[元記事へ]

さるまたけさんへのお返事です。

> エナーシャを回してエンジン始動していますね。里帰り飛行の時は、そのままだったのでしょうか?

今でも同じ状態です。オリジナルの東京航空計器の電動機動器でない慣性機動器のままです。
 

(無題)

 投稿者:秋田市のho  投稿日:2019年 3月28日(木)03時10分31秒
返信・引用
  ケンジさんへのお返事です。

>これはどのくらいの速度にしたいか次第です。
零戦では、大戦後半で400ノットを目指しており、そのための補強が行われています。
400ノットであれば、おそらく12m翼でも可能だと思います。
ただし、仮に12m翼の急降下制限速度が高くなっても、12m翼が維持されることは無かったと思います。
五二型の11m翼は、三二型の速度が出なかった対策でもあるので、より遅くなる12mに戻る可能性は極めて低いでしょう。

>主翼上面に膨らみを設け、下の膨らみを大きくすれば上下幅はなんとかなりそうですが、左右は無理かもしれないですね。
120発入り弾倉は実際に烈風で検討されていますが、実用的でないこととベルト給弾の目処がたったために見送られています。



ケンジ 様

御返答を頂きまして、
誠にありがとうございますです。

私個人的には、
小学生の頃、
航空の図鑑の軍用機のページに掲載されておりました零戦五二型と二式水戦のイラストを見ました際、
二式水戦の主翼の方が更に長く更にかっこよく見えまして、
以後主に12m翼を好むようになりましたきっかけとなりました。

小学生の頃、
機銃の携行弾数という概念が薄く、
安易な考えで、
「7.7mm機銃も、
20mm機銃も、
弾切れとなりにくいように、
携行弾数は1000発位だろう。」
と考えておりましたので、
実際の20mm機銃の携行弾数を知りました際は、
とても驚きました。

エリコンFF系の20mm機銃の100発ドラム弾倉とベルト給弾を日本が成し遂げました事は、
とても誇らしく思います。

もしも、
見送りとなりませんでしたら、
20mm機銃の120発ドラム弾倉も成し遂げたであろうと拝察致しておりますです。
 

疾風映像

 投稿者:さるまたけ  投稿日:2019年 3月27日(水)02時07分14秒
返信・引用
  エナーシャを回してエンジン始動していますね。里帰り飛行の時は、そのままだったのでしょうか?後半の映像は、レストア直後の飛行なのか無塗装ですが、正面の映像は迫力があります。https://www.youtube.com/watch?v=Gvem9U1AHok  

Re: 久しぶりに書き込みをさせて頂きますです。

 投稿者:ケンジ  投稿日:2019年 3月24日(日)12時19分38秒
返信・引用 編集済
  > No.9852[元記事へ]

秋田市のhoさんへのお返事です。

> 急降下制限速度は、
> おおよそ何km/hになるものと推定されますでしょうか?。

これはどのくらいの速度にしたいか次第です。零戦では、大戦後半で400ノットを目指しており、そのための補強が行われています。400ノットであれば、おそらく12m翼でも可能だと思います。
ただし、仮に12m翼の急降下制限速度が高くなっても、12m翼が維持されることは無かったと思います。五二型の11m翼は、三二型の速度が出なかった対策でもあるので、より遅くなる12mに戻る可能性は極めて低いでしょう。

> 20mm機銃の100発ドラム弾倉を更に大型化致しまして携行弾数を増やそうと致しました場合、
> 主翼にその余地はあるようでしょうか?。

主翼上面に膨らみを設け、下の膨らみを大きくすれば上下幅はなんとかなりそうですが、左右は無理かもしれないですね。120発入り弾倉は実際に烈風で検討されていますが、実用的でないこととベルト給弾の目処がたったために見送られています。
 

Re: お詫び申し上げます。

 投稿者:ケンジ  投稿日:2019年 3月24日(日)11時34分35秒
返信・引用
  > No.9848[元記事へ]

本件は、著者と出版社からお詫びがあり、MA誌上とMAのSNSへのお詫びの掲載も行われるということになりましたので、これで決着となります。
今後は、ルールを守っていただけるとのことですので、今まで通り協力していきたいと思います。
 

久しぶりに書き込みをさせて頂きますです。

 投稿者:秋田市のho  投稿日:2019年 3月24日(日)00時52分38秒
返信・引用
  私は、
主に、
零戦が好きではありますけれども、
下手の横好きでありまして、
知識が乏しくありますので、
先輩達のおかげで、
書籍やインターネットで学ぶ事が出来まして、
大変ありがたく思っておりますです。

零戦に関しまして、
下手の横好きながら、
あれこれ空想を致しまして思う事がありまして、
安易な質問でありまして、
大変すみませんけれども、
2点させて頂きたく、
もしも、
思い当たる先輩達がおられましたら、
何卒、
宜しく御願い致します。

●もしも、
重量増加を承知のうえで、
52型甲の要領で全幅12mの主翼の強度を高めようと致しました場合、
急降下制限速度は、
おおよそ何km/hになるものと推定されますでしょうか?。

●もしも、
重量増加と空気抵抗増加を承知のうえで、
20mm機銃の100発ドラム弾倉を更に大型化致しまして携行弾数を増やそうと致しました場合、
主翼にその余地はあるようでしょうか?。

安易な質問でありまして、
大変すみませんです。
 

Re: 栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版 エイ出版社編集部

 投稿者:えぬ氏もわるよのぉ  投稿日:2019年 3月23日(土)18時04分10秒
返信・引用
  > No.9850[元記事へ]

そういや、POFのスタッフが、零戦を修復するうえで一番大変だったのは取扱説明書の翻訳だと言ってたっけ。
 

栄発動機二〇型取扱説明書 完全復刻版 エイ出版社編集部

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2019年 3月23日(土)11時51分56秒
返信・引用
  うわ~っ!これは神棚にお供えしてから開かねば!
すでにもう一冊注文しているし、見たら更にもう1冊欲しくなって来た~( ̄▽ ̄;)
 

知覧の謎のプロペラ

 投稿者:上海JAPAN  投稿日:2019年 3月21日(木)21時04分59秒
返信・引用 編集済
  知覧に、キャプションのついていない謎のプロペラがあります。
二本線の形跡があるので海軍機のようです。
フェイスブックの某グループで聞いてみたところ、97式1号艦攻ではないか、というご意見があり、個人的に調べても、どうやらでそうではないか、という見解になりました。
ご意見を頂けたらと思います。

追記 そのプロペラに銘板シールの形跡がありました。零戦に貼られていたものより、少し小さめのようです。
 

Re: お詫び申し上げます。

 投稿者:上海JAPAN  投稿日:2019年 3月21日(木)20時44分40秒
返信・引用
  くにひこうきさんへのお返事です

ファンの無責任な願望ですが、なんとか様々な問題をクリアにしていただいて、改訂、継続して4も出版されることを願っております。本の趣旨としては、新しい切り口で意義深いものだと思っています。
 

お詫び申し上げます。

 投稿者:くにひこうき  投稿日:2019年 3月17日(日)21時25分1秒
返信・引用
  私が問題の「日本陸・海軍機大図鑑③」の23ページ「栄発動機三〇型シリーズの減速室の変遷」と題したイラストを描いたものであります。記しました様に、「情熱零戦」を基に検証するということで、「情熱零戦」の基本を尊重する形で構成しましたが、肝心の宮崎賢治氏も藤井英明氏にも了解を得ないままに掲載してしまいました。結果的には全くの「パクリ」となってしまい、大変な罪を犯してしまい迷惑をお掛けしました。心よりお詫び申し上げます。  

・・・

 投稿者:敢えて匿名  投稿日:2019年 3月16日(土)21時56分9秒
返信・引用 編集済
  『日本海軍○○○○○と装備』の出版に際しても資料提供者への約束した返礼が成されなかったと、提供者本人から聞きました。
事実だとしたらいい気分がしませんね。
 

Re: 陸・海軍機大図鑑

 投稿者:ケンジ  投稿日:2019年 3月16日(土)11時16分43秒
返信・引用 編集済
  > No.9844[元記事へ]

A6M232さんへのお返事です。

サカエ30は、藤井さんのイラスト以外では、発表されていません。
これは、藤井さんが探し出したもとの写真があります。
佐藤氏からは、このサカエ30に付いて問い合わせがあったので、独自の調査、考証でないことははっきりしています。
 

Re: 陸・海軍機大図鑑

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2019年 3月16日(土)08時53分41秒
返信・引用
  > No.9843[元記事へ]

ケンジさん

う~ん・・・紙面上には引用先を入れているが、何度も協力し何時も確実にその点のやり取りをしっかりしていたケンジさん側への連絡がないのですね。

しかも元ネタの一つは未発表資料ではなかったでしたっけ?
となると藤井さんのイラストでしか描けないはずですし

心中察します
 

/178