投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. GaGaMILANO ガガ ミラノ スーパーコピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: あまりにも初歩的ですが

 投稿者:ヒコーキ雲佐伯メール  投稿日:2018年 8月 6日(月)17時26分43秒
返信・引用
  トムさんへのお返事です。

トムさん 零戦談話室のご常連さんから応答がありませんね。この種の話題は、実りのない議論の掛け合いになってしまう
ことをよく知っておられるからだと愚考します。

トムさん NHKの番組にいたく触発されたようですが、私もその番組について2006年にホームページに
考えを発表しております。

曽根ノートの全貌を見せることなく、海軍を悪く思わせる部分だけを抜き出して紹介する演出に
柳田氏が効果的に使われていることを批判しました。

ホームページ件名
「柳田邦夫さんに問う なぜ歴史の一方的な演出に加担するのですか」
 http://dansa.minim.ne.jp/Tosho24TV.htm

トムさん 私の番組の見方がすべて正しいと断言するつもりはありません。
そういう見方もあるのかという気持ちでお読みください。
その上で、反論やご意見があれば、この談話室では迷惑になりますので、
佐伯宛に直接メールを送って下さるようお願いします。

http://dansa.minim.ne.jp/index.htm

 

彩雲さんの足跡

 投稿者:OGOMEN  投稿日:2018年 8月 4日(土)17時57分4秒
返信・引用
  この談話室の創設者である彩雲さん(故人)の足跡が残ってました。
久々に見て感動! しかしながら多くのリンクは機能しません。

http://www.geocities.co.jp/Colosseum/2610/hanger.html
 

あまりにも初歩的ですが

 投稿者:トムメール  投稿日:2018年 7月21日(土)14時36分42秒
返信・引用 編集済
  皆様にとりこの様なことはいかにも初歩的かもしれませんが、一応私のような戦略(政治を含む)、一般的戦術論、戦闘経過などを主に主観として取り入れた物にはたいせつです。
太平洋戦争に関するYouTubeを辿ってていきますと日本人によるコメントは多数が「丸」の記事とか広報戦果報告をうのみにしているのが目立
つようです。

下記のURに対するコメントは皆さんのような仔細なるデータとは関係なく一般的に適切な状況判断が含まれている感じも受けました。其のうち一つを此処に:
「与えられたパワートレインで最大限のパフォーマンスを発揮した機体であることは間違いない。あの時点では最も優れた飛行機の一つではあったが、兵器として優れていたという事とはイコールではないのです。後継機種の開発がままならなかったこととエンジン開発、特に過給器の研究が遅れていたことが致命的ではありましたね。ヨーロッパ戦線とは戦い方が違いましたから。海軍首脳陣の兵器戦略は悲しいほど貧弱でありました。」

私の記憶には海軍の性能要求に少しでも反論、疑問視した技術者には海軍担当者の鉄拳が振るわれたという記録が多数あります

又私の記憶では源田は一時「戦闘機無用論」を強く推進。 ミッドウェイの責任も負われず戦争中海軍の中核に始終位置して惨敗の記録を出し続け、最後には特攻戦術を押しに押した人物ですね。(敗戦後のうのうと自衛隊で飯を食い最後には人気政治家????)

割りこんで来た上談話室の本来の課題であるべきゼロ戦の細部の追求を外すようなコメントをお許し下されば幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=mmSa7oS_i-Yhttps:

 

Re: TABについて

 投稿者:ケンジ  投稿日:2018年 7月19日(木)23時30分5秒
返信・引用
  > No.9709[元記事へ]

えぬしもわるよのぉさんへのお返事です。

今度行って聞いてきます。
 

Re: TABについて

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月18日(水)06時52分30秒
返信・引用 編集済
  > No.9708[元記事へ]

ケンジさん、おはようございます。

『第二次大戦機DVDアーカイブ 零戦52型 レストアの真実と全記録』の付属DVDのチャプター5「試験飛行」を観ると、
補助翼タブが付いているのが確認できませんので、やはりタブの不具合は予見されていて、試飛行で様子を見てから形状等どんなタブを付けるか
検討するつもりだったのではないかと愚考します。
 

Re: TABについて

 投稿者:ケンジ  投稿日:2018年 7月17日(火)23時42分19秒
返信・引用
  > No.9707[元記事へ]

えぬしもわるよのぉさんへのお返事です。

タブは、オリジナルがついていました。
これでは調整が出来なかったので、大きなものを後付けしたわけです。

もう一度オーバーホールするまでこのままでしょうね。
 

Re: TABについて

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月17日(火)05時38分20秒
返信・引用 編集済
  > No.9706[元記事へ]

ケンジさんへのお返事です。

誰彼構わず質問しまくりで恐縮ですが、最初の試飛行でタブが付いていなかったのは、まずは飛ばして様子を見てから、どんなタブを付けるか決めるというのが当初からの予定だったのでしょうか。
 

Re: TABについて

 投稿者:ケンジ  投稿日:2018年 7月16日(月)22時46分43秒
返信・引用
  > No.9704[元記事へ]

これは急遽追加したものです。
ばらして再組立てしたところ、オリジナルのタブでは調整できない癖がでたということでした。
動翼の羽布を張り替えていますので、この辺りが原因かもしれません。
 

Re: TABについて

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月16日(月)19時09分16秒
返信・引用 編集済
  > No.9703[元記事へ]

hughes600nさんへのお返事です。

零戦の補助翼はタブが付くのが当然のはずなのに、なぜ今回は、はじめは付いていなかったんでしょうね?
あのPOFのスタッフが、まさか初飛行直前まで、付け忘れていることに気が付かなかったとも思えませんが。

大整備前は、オリジナル通りのタブが付いていました。小さなリベットを2列に互い違いに打って固定するというのも取扱説明書通りです。
ただ、何十年も飛んでいるうちに何度も角度に修正を加えたせいか、少しヨレヨレになってしまっている感もあるので、今回を機に交換する予定ではあったのかもしれません。
まずは試験飛行をして様子を見てからということだったのかな?

タブの取り付け位置もオリジナルよりは少し中心寄りになっているようですね。
X-133の方向舵のタブも付け直す時に位置が変わりましたが、以前の取付孔が開いているところに着け直すのは難しいのでしょうか。

 

TABについて

 投稿者:hughes600nメール  投稿日:2018年 7月16日(月)10時40分22秒
返信・引用
  右側のを補助翼を下げるように右のタブが働き、左の補助用を押し上げるようにタブが働く。
この力は、翼を左側に倒す作用。
操縦かんを左に倒す力を助けている。
機体自体が右旋回気味だから、タブにて修正している。

操舵系統のケーブルでは修正できないんでしょうね。
大修理時に、左側の翼の迎角がプラス側に増えたか、右側の翼の迎角がマイナス側になったか。

修正ができないんでしょう。翼と胴体が一体型だから。

でもキレイな作業だと思います。

製造して何年たったか、凄い技術力だと尊敬します、疾風が残念でたまりません。



 

Re: (無題)

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月16日(月)05時30分1秒
返信・引用 編集済
  > No.9700[元記事へ]

hughes600nさんへのお返事です。

詳細な写真ありがとうございます。
61-120は今回、非常に綿密な考証にもとづいて凝った修復がなされたのに、タブだけがいささかやっつ付け仕事的なのが、ちょっとだけ残念です。
 

(無題)

 投稿者:hughes600nメール  投稿日:2018年 7月16日(月)00時26分5秒
返信・引用
  TAB  

(無題)

 投稿者:hughes600nメール  投稿日:2018年 7月16日(月)00時14分11秒
返信・引用
  ZERO TAB  

Re: 本当にご無沙汰

 投稿者:A6M232メール  投稿日:2018年 7月15日(日)11時34分42秒
返信・引用
  > No.9682[元記事へ]

ハワイアンさんですか!!
お久しぶりです。(^-^)
回復されて連絡いただけ幸いです。
 

雷電一一型の翼機銃弾倉バルジ

 投稿者:ROM  投稿日:2018年 7月15日(日)01時04分21秒
返信・引用
  板違いではありますが、、、
"https://twitter.com/octpaq/status/1016940203993206784"
の関連画像です。
*https://www.facebook.com/photo.php?fbid=799071460230149&set=g.1414345762215538&type=1
*https://www.youtube.com/watch?v=6q0Ay8QOS58  5分16秒

ハッチそのものの外形は不明瞭ですが、バルジ形状は良く判ります。
 

潜水艦脱出訓練施設

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月13日(金)07時10分11秒
返信・引用 編集済
  15:43当たりで出て来る塔は、ハワイのフォード島にあるのと同じものかな?

https://www.youtube.com/watch?v=bFZaYOfnPoM&t=2083s

 

Re: 風防の取っ手

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月10日(火)06時24分29秒
返信・引用 編集済
  > No.9694[元記事へ]

古い写真やビデオで確認すると、取っ手は以前は付いていなかったけど、2016年の大整備で新たに取り付けたようです。
 

Pacific Aviation Museum

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月 7日(土)06時08分39秒
返信・引用 編集済
  Pacific Aviation Museumの最新動画。8:15ぐらいのが九七艦攻だよね。

https://www.youtube.com/watch?v=KPMRckacXMk

 

Re: 風防の取っ手

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月 5日(木)16時14分18秒
返信・引用 編集済
  > No.9693[元記事へ]

良く調べたら、61-120の風防にもちゃんと取っ手があった。
先日の写真は整備中だったので一時的に取り外してあったんだろうな。
 

Re: 風防の取っ手

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月 5日(木)06時30分28秒
返信・引用 編集済
  > No.9692[元記事へ]

OGOMENさんへのお返事です。

FUGU(現在はハワイのThe Pacific Aviation Museumに展示)や、スミソニアン博物館の52型など、多くが取っ手の基部は台形ですね。こっちが標準のようです。
 

Re: 風防の取っ手

 投稿者:OGOMEN  投稿日:2018年 7月 4日(水)16時52分7秒
返信・引用
  > No.9691[元記事へ]

石塚さんの22型にも付いていますね。
 

Re: 風防の取っ手

 投稿者:OGOMEN  投稿日:2018年 7月 4日(水)16時42分58秒
返信・引用 編集済
  > No.9690[元記事へ]

えぬしもわるよのぉさんへのお返事です。

トムさんご無沙汰しています。お元気で何よりです。
私もこの談話室に書き込むのは10年ぶり? 忘れてる方もいらっしゃるかと(笑)
皆様お久しぶりです。
facebookで繋がってる方でもOGOMENのハンドルネームと結びついてないかもしれませんね。

さて、鹿屋の復元機には付いていますが、大刀洗のオリジナル機には付いていません。
三菱・中島の違いか? 時期によるものでしょうか?
 

風防の取っ手

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月 4日(水)06時44分33秒
返信・引用 編集済
  零戦の写真や動画を見ていると、いまだに新しい発見があって驚くことがあります。

可動風防の右側にはすべてに取っ手があるものと思っていましたが、61-120には取っ手がないことに気が付きました。これは元はあったのが失われたのでしょうか。

また、復元機の21型や22型には取っ手はありますが、その部分の風防枠が台形に太くなっているのにも気が付きました。
 

X-133の改造点

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月 4日(水)06時34分35秒
返信・引用 編集済
  CAFの零戦22型X-133は、オリジナルの零戦と比べると、いろいろと独自に改造された点が見受けられます。

操縦室内左側のレバーは、本来は爆弾投下レバーですが、手書きされた英語表記を見ると尾輪のロック機構に流用されているようです。戦時中に米軍が作成したマニュアルによると、零戦の尾輪は滑走中に固定できないのが不便と書かれていたので、現代のパイロットも同じ不便を感じ改造したのでしょう。

また、操縦室左側のハッチは、本来は機銃作動用の圧搾空気のバルブですが、外部電源のコネクターに流用されているようです。
 

Re: 97式艦攻

 投稿者:トムメール  投稿日:2018年 7月 3日(火)16時00分28秒
返信・引用
  > No.9687[元記事へ]

えぬしもわるよのぉさんへのお返事です。

> トムさんへのお返事です。
>
> ツイッターはなさっておいでですか?
> 最近のmixiのつぶやきはツイッターと連動させることが可能ですよ。
>
神がコンピュータをPCとしてを人類に与えたときをよく覚えております。
生憎過去10年ぐらいはコンピュータによる「ソシアル・ミデイア」に関する日進月歩の世界には就いていけず、(ついていこうとも思わないので)twitter,FacebookとかInstagramなどのはには参加しておりません。(Twitterは友達のトランプに任せております。)
僕の友達も皆そうです...........
化石ですな。
(でも零銭談話室に最初に画像を載せたのはわたくしですぞ。)

https://www.pacificaviationmuseum.org/exhibits/nakajima-b5n-kate/

 

Re: 97式艦攻

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 7月 3日(火)05時59分26秒
返信・引用 編集済
  > No.9686[元記事へ]

トムさんへのお返事です。

ツイッターはなさっておいでですか?
最近のmixiのつぶやきはツイッターと連動させることが可能ですよ。
 

97式艦攻

 投稿者:トムメール  投稿日:2018年 7月 2日(月)06時59分51秒
返信・引用
  えぬしもわるよのぉさん:
本当にお久しぶりです。
Kateのリストアは最近航空博物館にもご無沙汰していたので下記のURLをご覧になってください。宜しければお時間のある際にでもぼくのホームアドレスにメールお願い。(Mixi時代のデータがコンピュータ替えたとき間違って消してしまった!!)

鷲さん:僕のメール届きましたか?

https://www.pacificaviationmuseum.org/exhibits/nakajima-b5n-kate/

 

Re: (無題)

 投稿者:えぬしも わるよのぉ  投稿日:2018年 6月30日(土)17時14分28秒
返信・引用 編集済
  > No.9684[元記事へ]

トムさんへのお返事です。

ハワイでは九七艦攻の復元が進行中だそうですね。
同機の完品はこれまでなかったので完成が楽しみです。
 

(無題)

 投稿者:トムメール  投稿日:2018年 6月27日(水)18時25分4秒
返信・引用
  真珠湾の太平洋航空博物館も年々拡張。展示の機体も充実しつつあり。 今のトップ・プロジェクトはニューギニア戦線から里帰り(?)のB-17のリストア。(偽ドイツ機はバーバース・ポイントの海軍博物館で)  

お久しぶりです。

 投稿者:  投稿日:2018年 6月26日(火)19時57分58秒
返信・引用
  ハワイアンのトムさん。
お久しぶりです。
ご病気されていたのですか。
大変でしたね。
 

/173